アンジェラ・アキのすべて

● ビックカメラでアンジェラ・アキのミニライブも開催

2006.3.15
ビックカメラ、「FFXII」発売記念共同プロモーションを実施
アンジェラ・アキのミニライブも開催


d0128285_14102648.jpg

d0128285_5481479.jpgビックカメラは、2006年3月16日に発売予定のプレイステーション 2用「ファイナルファンタジーXII」の発売を記念して、発売前日となる3月15日より、スクエア・エニックスとの共同プロモーションを実施した。

15日にFFXIIの挿入歌「Kiss Me Good-Bye」を歌うアンジェラ・アキを店頭に迎え、トークショー&ミニライブを開催した。


大勢のファンの前に姿を現わしたアンジェラ・アキは、いつものようにラフな出で立ち。
挨拶もそこそこに1曲歌い始める。
曲は『Eyes On Me』。かつてフェイ・ウォンが歌った『ファイナルファンタジーVIII』の主題歌をピアノの弾き語りにアレンジしたものだ。アンジェラ・アキは2月18日に行われた『ファイナルファンタジー』コンサートでもこの曲を歌い、またセカンドシングルの『心の戦士』のボーナストラックとして収録されている。

d0128285_5504754.jpgd0128285_14121988.jpg
歌い終わったアンジェラは、『ファイナルファンタジーXII』の宣伝プロデューサー、岡宮道生氏とのトークで「私の中でのバトンタッチの意味で入れた」と、セカンドシングルに収録したことへの思いをコメント。

また、岡宮氏に「最近、テレビなどにも出演しているようですが」と、その活躍に話を向けられると、「ボチボチな感じでやってます」と答えていた。

JR有楽町駅の目の前にあるビックカメラ有楽町店の店頭は、電車や車の音、道行く人の話し声、それを整理するスタッフの声でかなりザワザワした様子。ところが、アンジェラ・アキが『Whenever sang my songs~』と歌い出すと、周囲の騒音はピタリとストップ(したかのように記者は感じた)。一瞬にして、その歌声でその場の空気を支配してしまったのだ。記者は時間が止まったかのような錯覚を覚えた。
 
d0128285_553492.jpg続いてステージでは、『ファイナルファンタジーXII』をスタッフがプレイ。王都ラバナスタ東門からフィールドに出て、戦闘をこなす様子が披露されたのだ。その様子を見ていたアンジェラは「表情や髪がなびく表現がすばらしい」とか、「音がいいですよね」などとコメントし、興味津々の様子。

「アメリカに住む親戚が 『ファイナルファンタジー』 シリーズの大ファンで、『XII』 の挿入歌を歌うと言ったらなかなか信じてもらえなかった」というエピソードも披露した。イベントの最後は、『ファイナルファンタジーXII』の挿入歌『Kiss Me Good-Bye』。歌うにまえにアンジェラは、聴衆に以下のように語りかけた。

d0128285_14165582.jpg
植松さん(音楽担当の植松伸夫氏)のメロディーを聴いたときに、すごく壮大な曲だなあ、でも切ないなあと思った時に詞が浮かびました。英語の詞で"愛が死ぬ運命であっても、私は泣きはしない。
あなたが私の現実に夢を入れてくれたから"という意味なんですが、ゲームをすることも恋愛をすることも、現実に夢を入れるという意味で同じ。そういう気持ちを込めています


と締めくくる。

明日16日からは、ゲーム・DVDコーナーにて商品を購入した人を対象に、店舗ごとに種類が異なるFFXIIのメインキャラクターが印刷された限定の「ショッピングバッグ」(全6種類、なくなり次第終了)を配布し、発売を盛り上げていくという。また、FFXIIの発売当日には午前7時より、ビックカメラ各店(※)にて一斉に販売を開始するとのこと。


d0128285_14151265.jpg■日時 2006年3月15日午後5時~午後6時
■場所 ビックカメラ有楽町店 1階店頭 ピロティ
■イベント内容
FFXII挿入歌「Kiss Me Good-Bye」を始め、「FFVIII」の主題歌にもなったフェイ・ウォンの「Eyes On Me」のカバーなど、アンジェラ・アキさんによる生ライブ
・FFXIIのデモを交えながら、最近の活動状況に加え、「Kiss Me Good-Bye」の製作秘話などのトークショーの内容。

[PR]
by a20050309 | 2006-03-15 22:47 | ●アンジェラ2006