アンジェラ・アキのすべて

● ONE ■


2005.03.09  ONE (1st)

01.We’re All Alone (日本語ヴァージョン)
02.Rain (オリジナルヴァージョン)
03.A Song For You (日本語ヴァージョン)
04.Warning (英語ヴァージョン)
05.Never Is A Promise
06.愛するもの


※全国発売 2005.6.20

最高位:2位 登場回数:19回 (インディーズ部門)

2000年5月ジョージワシントン大学を卒業後、一度は音楽の夢をあきらめOL(秘書)として働いたが2001年8月に会社を辞める。再びあきらめきれない音楽の道を歩むべく2001年11月29日、アーリントン(ヴァージニア)のルーナ公園Grilleでアコギでストリートライブをした経験も表されている。この時点で作曲のストックは100を超えている。

全曲、ピアノの弾き語り。カバー曲も独特の感性と感覚で歌われていて新鮮。 オリジナル曲では「Rain」が有名。「Warning」は英語ヴァージョン収録。オリジナル3曲、カバー曲3曲の収録のミニアルバム。ピアノ一本でのレコーディング。 声と音のシンプルさ、全体的にしっとりと切ない雰囲気の曲と美しい日本語がコラボされた最高の作品。

発売週のチャートで2位(インディーズ)に。米国で多くのライブを経験した真価が発揮された。2005年には宇多田ヒカルが「Exodus '04」、「You Make Me Want To Be A Man」、「Be My Last」、「Passion」と海外、日本盤と各々2枚のシングルをリリースした年だったが、注目度はアンジェラ・アキに向けられていた。期待の大型新人Angela Akiというキャツチが業界で取り上げられた。歌唱力、表現力には宇多田以上との高い評価が目立った。注目度トップのミュージシャン。カバー曲も独特の感性と感覚で歌われていて新鮮だ。カバー曲は訳詞ではなく日本詞語のオリジナル。自らオリジナルの詞を書いている。

現在でもライヴで演奏されることが多い「Never Is A Promise」 「We're All Alone」の2曲はアンジーの原点だ。オリジナルの3曲も、初期の米国時代から歌っている「Warning」、にCMソングとしてオンエアされた日立DVDカムの「愛するもの」のオリジナルトラック【CFのトラックはCM用に焼きなおした音源】と、収録曲の中で特に人気の高い「Rain」という構成。。「Warning」は英語ヴァージョン収録。

余談だが、2004年12月6日の南青山MANDALAでのミニライブがアンジーから「メジャーデビューが決まった」とのMCがあり 『ONE』 には収録されなかったデビュー曲となる 「HOME」 が初披露された日でもある。そのときのセットリストは、ミニライブカテゴに記した。


d0128285_705189.jpgd0128285_712549.jpg

d0128285_1384263.jpg


We're All Alone (作詞:作曲: ボズ・スキャッグス、訳詞: アンジェラ・アキ)
ボズ・スキャッグスの有名曲のカヴァー。オリジナルは1976年。この曲を含め、本作のカヴァー曲には全てアンジェラ自身による日本語訳詞が付けられている。本人監修の『ONE』の楽譜ではこの曲の一番の盛り上がりはラストの大サビ部分と書かれている。
これについてはリメイクソングながらも彼女の独自の世界観を垣間見ることの出来ると言う意見と、英語も出来るのだからそのままの歌詞で歌って欲しいと言う意見の両方がある。

Rain (作詞:作曲: アンジェラ・アキ)
本作の代表曲とも言える楽曲。自身のライブでは必ずと言っていいほど披露し、メジャーデビュー後にはHomeでリメイクを果たしている。この曲が好評となり、HMVでの高順位を記録したとも言われている。自身最初の武道館公演では外が記録的豪雨の中で1曲目を飾っている。

A Song For You (作詞: アンジェラ・アキ、作曲: レオン・ラッセル)
レオン・ラッセルのカヴァー。オリジナルは1970年。カーペンターズのカヴァーが有名な楽曲であるが、このアルバムではほぼオリジナルのアレンジで、キーを一つ上げている。

Warning (作詞:作曲: アンジェラ・アキ)
自身作詞作曲の英語詞楽曲。タイトルの意味は『警告』であり、軽快な楽曲ながらも詞の内容は曲調よりもタイトルに近いものとなっている。本作唯一の3拍子楽曲。使用されているコードは片手で数えるほどしかなく構造そのものは単純な楽曲ではあるが、その楽曲の構造を生かしライブでは途中で会場と一体になって「ラ~ラ~ラ」とコーラスを入れるなどして大きくアレンジを変えて演奏される。

Never Is A Promise (作詞: アンジェラ・アキ、作曲: フィオナ・アップル)
フィオナ・アップルのカヴァー。オリジナルは1996年と比較的最近の作品。完全にオリジナルと同じアレンジ、同じキーで歌われており、日ごろからブログなどでもフィオナ・アップルを取り上げる彼女のリスペクトの姿勢がうかがえる一曲となっている。

愛するもの (作詞:作曲: アンジェラ・アキ)
日立『DVDカム Wooo』TVCMソングとして2004年にOAされていたものを一部アレンジを変更して収録。本人監修の楽譜では最も簡単なアレンジとなっている。なお、この曲は「New Day」以来のタイアップであるが、本人の声で使用されたのはこの楽曲が一番最初である。



d0128285_1681155.jpg




[PR]
by a20050309 | 2005-03-09 00:00 | ●アンジェラ2005