アンジェラ・アキのすべて

● MY KEYS TOUR 2007~札幌

2007.4.19
MY KEYS TOUR 2007
~北海道厚生年金会館大ホール


b0033699_0151559.jpgアンジェラ・アキ / MY KEYS TOUR 2007 ~サクラ色~ ピアノ弾き語り単独ライブ。
2006年はファーストアルバム「HOME」の大ヒット、また彼女が目標としていた武道館でのライブを史上初となる1人のアーティストによるピアノ弾き語りライブとして実現させるなど、数々の功績を残してきたアンジェラアキのライブは、4月19日に札幌厚生年金会館で行われた。2,300人が収容できる札幌厚生年金会館には、アンジェラと同世代ぐらいの女性をはじめ、学校帰りの制服の女の子、HOMEツアーや武道館公演のTシャツを着ている女性、また仕事帰りのサラリーマン男性や着物を着た女性、カップル、年配の夫婦や親子連れなど、今日のライブを心待ちにしていた老若男女のファンが訪れていた。バンドスタイルだった前回のツアーとは違う、まるでクラシックを聴くコンサートのような雰囲気だ。

b0033699_0241680.jpg場内が暗くなり「32」という数字が入った白いTシャツにジーンズ、そして黒いコンバースのスニーカーでアンジェラがステージに登場。1曲目はイン ディーズにリリースしたミニアルバム「ONE」から、レオン・ラッセルの代表曲で、カーペンターズもカバーしている「A Song For You」。印象的な赤い照明で歌う彼女に魅了され、既にアンジェラの世界に惹き込まれていくファン。歌い終えると「北海道のみなさん、こんばんは~!」と元気な声で呼びかけ、夕焼けを思わせるオレンジの照明の中で歌う2曲目は「HOME」。デビュー曲であり、代表曲とも言えるこの楽曲に涙を流すファンもいた。会場に目を向ける姿はファン想いの彼女らしい姿に思えた。

MCでは「札幌は第2のHOMEと思っていて、今日を本当に楽しみにしていた」と話し、北海道では毎回いろいろな初体験をしているらしく、函館では地面と平行に降る雪の話などを話しかける。彼女が話す話題で広い会場がアットホームな雰囲気となり、アンジェラとファンの心の距離はどんどん近づいていく。「余分なものが一切ない”弾き語り”をすることによって、みんなとの心の距離は近くなる。みんなの力でライブを作っていきたいので、ぜひ楽しんで 下さい」と話した後は、彼女の楽曲の中でもリクエストが多い「Rain」、アップテンポで思わず手拍子が起こった「奇跡」、そして全ての終わりではなく、その先があるという意味合いを持つ「Kiss Me Good-Bye」を歌ってくれた。次のMCでは、デビュー前の初来札などの話。すごく緊張したらしく、その時に演奏した「奇跡」はかなり早いテンポで始めたことからスタッフの間では「KRAPS HALLの奇跡」と呼ばれていることや、PASEO水の広場のライブ、千歳のアウトレットモールRERAでのライブ、そして彼女がベストライブだったと言うRising Sun Rock Festival 2006での思い出。次から次へとまるで友達に話すような感覚でファンに話しかける彼女を見ていると、これも幅広いファンに好かれている彼女の魅力の一つだと。

b0033699_0303673.jpg恒例となっている洋楽カバーで、今回はマドンナの「Like A Virgin」。サビ部分が書かれた垂れ幕が頭上から現れ、こちらも恒例の「アンジェラ・アキの勝手に英語でしゃべらナイト」がスタート。1フレーズずつ和訳し、ファンにわかりやすく伝えてから、会場と一緒に大合唱。ファンとの距離をさらに縮めていくアンジェラならではの試みだ。続けて、現在めざましテレビのテーマソングとなっている楽曲で、リフレインする歌詞が印象的なナンバー「Again」。ファンは手拍子だけではなく、今回のライブ初のオールスタンディングで楽しんでいた。

3度目のMCでは、今回のホールツアーのこと、初出場した紅白歌合戦での思い出などを話した。特に紅白歌合戦での出来事は、このツアーまで発表しないと決めていたとのことで、とても嬉しそうに話していた。後半は、恋愛中の浮き沈む感情を表現した「大袈裟に「愛してる」」、切実なる願いがリフレインするバラード曲「お願い」、彼女の楽曲で唯一セリフの歌詞があり、壮大な世界観の楽曲「宇宙」、何人ものファンが心を打たれ、感情を抑えきれずに涙を拭った「This Love」と「心の戦士」の5曲を歌った。最後となるMCでは、ワシントンD.Cで過ごした大学時代、ポトマック川沿いに咲く桜並木を眺めながら日本の事を思い出していたことやその当時の恋愛など、5thシングル「サクラ色」への思いを口にする彼女。
この楽曲を歌っている間、会場では武道館ライブのときのサクラ色のハンカチを振るファンもいた。

b0033699_0333187.jpg終盤はアップテンポな「On&On」と「MUSIC」の2曲で本編を締めくくり、アンコールではプリンセス・プリンセスの「M」と「Diamonds」を演奏。
「Diamonds」のサビ部分は会場との大合唱となり、ファンと彼女との心の距離が隣り合わせになった瞬間となった。最後の楽曲は2007年5月23日にリリースされる、アンジェラ・アキ初のドラマ主題歌となった「孤独のカケラ」。「愛は苦しみやつらさと表裏一体」といった、彼女ならではの「愛」をテーマとした楽曲を含めた全17曲を歌い、この日のライブが終了した。
セットリスト
01. A Song For You
02. HOME
-MC-
03. Rain
04. 奇跡
05. Kiss Me Good-Bye
06. Like A Virgin
  ~アンジェラ・アキの勝手に英語でしゃべらナイト~
07. Again
-MC-
b0033699_21315757.jpg08. 大袈裟に愛してる
09. お願い
10. 宇宙
11. This Love
12. 心の戦士
-MC-
13. サクラ色
14. On & On
15. MUSIC

ENCORE
16. M / Diamonds
17. 孤独のカケラ

[PR]
by a20050309 | 2007-04-19 23:20 | ●アンジェラ2007