アンジェラ・アキのすべて

歌姫 鬼束ちひろ 復帰!

2007.11.27

平成の歌姫と言われるシンガーはたくさんいます。
私の歌姫というイメージは歌唱力のあるシンガーと抱いています。


d0022648_19523398.jpg


その筆頭にあげたいのが小柳ゆきと鬼束ちひろです。
今日は鬼束ちひろについて書きます。

鬼束ちひろというシンガーが世に知れた曲は
2000年8月9日にリリースした 『月光』 でしょうね。

この曲は
テレビ朝日系で 2000年7月7日 - 2000年9月15日 の10回にわたり
放送された 『トリック』 のテーマになりました。
トリックは仲間由紀恵さん と 阿部寛さんのコンビで
のちに映画化もされた作品ですね。

鬼束ちひろは2004年3月17日に
それまでにリリースされた全10枚のシングルをボックスセットにした 『シングルBOX』 を発売するしないで、所属事務のMELODY STAR RECORDSともめたことが原因で
一方的に2004年4月3日、所属事務所を契約解除の通告を受けたことが
一時期は芸能ニュースで取り出されたことは有名な話です。
関係者の後押しもあって2004年6月18日 所属事務所の移籍が決まりファンを安心させるも
2005年1月31日でマネジメント契約をわずか9ヶ月で終了され事実上の活動休止となりました。


d0022648_19493069.jpgd0022648_19501445.jpg

d0022648_19512186.jpgd0128285_055365.jpg
d0128285_15545429.jpg


今年2007年は5月30日に5年余りのスパーンで新曲 (シングル) もリリースし
6月1日に 『ミュージックステーション』 に出演し、4年振りの地上波テレビ番組に登場しました。

ふっきれたからなのか、2004年4月の事務所解雇の理由を
アルバム 『LAS VEGAS』 (2007.10.31) をリリースするにあたり
複数の雑誌のインタビューでその心境を語りました。


移籍の発端となったのは2003年に声帯結節を発症してからの活動の流れに違和感を覚えたことで、 「『いい日旅立ち・西へ』 のあたりから周囲と波長が合わなくなってきた。楽曲自体には問題はなかったが、周囲を信用できなくなってきて無理が生じた」 と語り、
決別の要因として取り上げられた 『シングルBOX』 の発売がレコード会社との確執の直接の原因ではないし、2005年1月に解雇後に決まった所属事務所の中途契約終了の件も
「自分のペースでの創作と、アーティスト活動、世の中のペースが一致しない」 と語りました。
本人もメディアで本心を語れば
業界からつぶされると懸念したからだと推測しますが
私は鬼束ちひろの解雇理由を元事務所担当者から聞いていたのとは全く違いますし
本人もようやく大人になったのかな、とは思っていますけどね。


画像は最近の鬼束ちひろです。。

ここまで触れたのでサービスカットとして鬼束ちひろが
2007年11月29日(木曜日)に 大阪FM802 『FLOWER AFTERNOON』 13:00~16:00 にゲスト出演します。
関西方面でお時間のある方、鬼束ちひろのファンの方はチェックされてみては?

DJは加藤真樹子さんと言って、私の高校の同級生。。東京から大阪に行って頑張ってる子です。

久々に長い書き込みとなってしまいました (^_^メ)

てなことで、今日の動画像は代表曲の 月光 のライブ映像と
今年の5月にリリースした everyhome のスタジオライブ映像です。
(ーー;) 印象としては、唄が下手になったように感じる私ですが、皆様の感想は?


月光 (2000年8月9日)

everyhome (2007年5月30日)



d0128285_4481338.jpgd0128285_4483912.jpgd0128285_457240.jpg
右は2007.10.30リリースの アルバム 『LAS VEGAS』


[PR]
by a20050309 | 2007-11-27 20:07