アンジェラ・アキのすべて

アンジェラ・アキ 最新記事だよ~~~~

2009.02.26 


アンジェラ・アキ 最新記事だよ~~~~

001.gifオリコン
 ミュージック インタビュー&コメント


036.gif毎日新聞
いつか自分の歌を聴きに来る人たちの前で歌う」という夢を信じ続け



053.gif心のぞき 歌う理由探る


2005年のデビューから2年半、慌ただしい日々を送ってきた。

27歳と遅咲きだったが、初アルバム「Home」が60万枚の大ヒットに。

07年に音楽ディレクターと再婚もした。が、昨年、思いがけずスケジュールに余裕ができて、考えた。

「自分は何のために歌っているのか」と。

音楽を趣味ではなく仕事にすることの責任の重さ。私生活も含め、保とうとしていたバランスが崩れかけていた。

デビューまでの長い月日以上に、

「苦悩は大きく、迷いや不安にも突き当たった。幸せなはずなのに、なぜ素直に喜べないんだろうと」。

今作は初めて、期限に迫られてではなく、

「自分のタイミングで曲を作ることができた」アルバム。

「何かを表現したい時、探しているものがある時にピアノに向かい、生まれてきた曲たち」だという。

ロングセラーを続ける「手紙~拝啓 十五の君へ~」は、

ささいなことで悩んでいた10代の自分へのメッセージ。

元恋人との思い出を赤裸々につづった「ダリア」など、実体験に基づく曲も多い。

心のアンテナに引っかかり、“無意識の袋”にたまっていた感情や経験。

鍵盤をたたくうちに落ちてきた言葉がカギとなり、心の中の部屋を開けていった。

「過去の解決できていなかった問題と直面したり、見たくないものに触れたりしながら、その“部屋”を表す曲を作る。曲を作るっていうのは、自分を知る作業なんです」

その中で、見つからない答えがあることを改めて知った。

「だけど、探していくプロセス(過程)にこそアンサー(答え)がある。

人生は複雑だから、聴く人の答えにはならないかもしれないけど、考えるヒントになれば」と語る。

見つけた「答え」はもう一つ。

ボブ・ディランら影響を受けた洋楽のカバーを、初めてアルバムに収録した。

そのまま英語で歌うのではなく、曲を消化した上で詞を書き直し、日本語で歌うという答えを出した。

「カバーであり、オリジナル。これが自分の音楽の形なんです」

d0128285_2115358.jpg


4月からは全国ツアーも始まる。アマチュア時代、小さなライブ会場で、

一人ひとりが見える位置で歌ってきたからこそ、大事にしている思いもある。

 「2000人の前で歌う時も、

1対1が2000組あるという気持ちで。後ろの席で残念がっている人によく言うんです。

『遠いと思ったら目を閉じて。心の距離は一緒やから』と」

[PR]
by a20050309 | 2009-02-26 20:58