アンジェラ・アキのすべて

<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

●☆ アンジェラ・アキのエフェクターのこだわり

アンジェラ・アキが使うのは
ローランドのエフェクター


アルバム 「ONE」 「HOME」 のプロデューサー、松本モトキが、日本ローランド社でアンジェラ・アキにインタビュー。
アンジー愛用のローランドのエフェクターの想いが伝わる。



d0128285_15101181.jpg

エフェクターの中で
特に印象に残っているものはありますか?

d0128285_341323.jpg



向こう(ワシントンD.C)でバンドをやっていた時に
RD-600を持っていました。

d0128285_1431977.jpg

d0128285_226069.jpg



                  JCアンプ
 RD-600を使う2003年当時の金髪のアンジー

海外のアーティストって、
ローランドの鍵盤楽器を使っている人が多いんですよね。
ライブハウスに置いてあるのもRD-500、600が多かったし。
あと、その頃のバンドのギタリストもアンプはJCを使っていました。




d0128285_2124786.jpg





ローランド RD-600 →

Roland RD-600 独自の
音源を持っていてGM音源
は内蔵していない。
内部音色配列は独自の音
色配列となっているので
GM の音色配列とは異なっ
ている 。


なぜRD-600を選ばれたのでしょうか。

タッチも弾きやすいし、鍵盤の重さなのかな? 
弾きやすいのはもちろんですけど、
ステージに立った時のスタイルがいいんですよね。


ピアノの音は聴きなれていると思いますが、
ローランドのピアノの音はどのように感じられますか?



RD-500や600の頃はそんなにもの凄い、
という感覚はなかったんですけど、
RD-700SXを最初に弾いた時は、
本当に、これは凄い! と思いましたネ。

d0128285_16203421.jpg




ローランド日本本社で
RD-700SXのデモンストレーションのアンジェラ。




この前、ライブがあって、
東京では生ピアノを弾いたんですが、
前に大阪でもライブ(写真下)があって、
その時はRD-700SXを弾いたんです。

ここだから言うわけじゃなくて、
RD-700Xのほうが音が硬くまとまって出ていくし、
モニターの返りがいいから演奏しやすい。

特に音が広がっていくオープン・スペースで演奏する時は
絶対RD-700SXを使ったほうがいいと思う。

RD-700SXは特別で、
今までの楽器とは世界観が全然違う感じで、
これを弾く時はテンションが上がるんですよね(笑)。



d0128285_274313.jpg
ローランド700SXでパフォーマンス


音が広がっていくオープン・スペースで演奏する時は、絶対RD-700SXを使ったほうがいい
と言い切るアンジェラ・アキのロジックは
ジョージワシントン大学で音楽を副専攻したゆえのプロの感性が伝わってきて
ライブでのアンジーの使用機を確認して楽しむのもファンならではだ。
エフェクターだけでなく、昔のようにギターやドラムソロもやってもらいたい。

ちなみに、アンジーがサプライズでパフォーマンスすることがあるエレクトリックギターは
フェンダーで '60s Custom TELECASTER Candy Apple Red を愛用している。
アコギはギブソンとマーチィンあたりかと思うが周知していない。。。。


Roland RD-700SX (2006年現在、アンジェラ・アキ愛用機)
88鍵マルチ・サンプリングによるハイ・クオリティなピアノ・サウンドをはじめとした基本音色をさらに充実させ、操作性やMIDIによる外部コントロールにおいても一段と進化を遂げたステージ・ピアノの最高峰。

新開発ピアノ音色搭載でハイ・クオリティにピアノに特化した機能と操作性を追求ステージ・ピアノとしての高い基本性能を実現サウンドに磨きをかける高品位エフェクトを搭載する好みのサウンド拡張が可能。ローランドはステージ・ピアノとして世界で認められている日本企業。


対談データ 2006年2月26日
d0128285_16271040.jpg松岡モトキ(本名は松岡基樹で活動は片仮名モトキを表記)。愛知県出身。サウンド・プロデューサー、コンポーザーとして数々の個性的なアーティストのプロジェクトを手がけ、ギタリストとしてのレコーディング、ライブ・ツアーや映画のサウンドトラック(『新・同棲時代』富田靖子主演)等で活躍中。
豊富なキャリアと独自のセンスから生まれるメロディ、サウンドは高い評価を受けている。
アンジェラ・アキへは、2005年の 「ONE」 「HOME」、2006年には 「心の戦士」 「Kiss Me Good-Bye」 「This Love 」 のプロデューサーを担当
他に、柳ジョージ、SAYAKAなど多数の作品を担当している。


[PR]
by a20050309 | 2006-02-26 19:44 | ●アンジェラ2006

※ ピアノ弾き語り アンジェラアキ/ONE(ワン) ※

d0128285_0262042.jpg2006.2.21
ピアノ弾き語り アンジェラアキ/ONE(ワン)


原曲に近いアレンジがうれしい

アンジェラ・アキ
47ページ のピアノ弾き語り (楽譜)






出版社: ドレミ楽譜出版社

[PR]
by a20050309 | 2006-02-21 00:00 | ●アンジェラ2006

○ ファイナルファンタジー・プレミアム・オーケストラコンサート

2006.2.18
ファイナルファンタジー・プレミアム・オーケストラコンサート
パシフィコ横浜 国立大ホール

d0128285_12215821.jpg
注目すべきアンジェラ・アキは
Eyes On MeとKiss Me Good-Byeの2曲を披露。


インタビューのアーニーの言葉で、 コンサートは生で聴くことで初めてその感動を味わえる、
期待通りDVD! 演奏は舞台上のモニターにゲーム画面や演奏者の姿が映された。 ゲーム画面では、知っているシーンが流れると大盛り上がり。
DVDということで、FFファンの注目は「モーグリーズ」。
d0128285_253158.jpgd0128285_254105.jpg
アンコールは2曲あり、1曲目はおなじみのあの曲。 FFシリーズでは必ず流れるこの曲で、会場は手拍子まで起きて ノリノリでした。モニター画面で各シリーズの”あのキャラ”が 観られたのも面白かった。
クオリティが想像以上で、冒頭部分が力強く始まった瞬間
まさに会場は「待ってました!!」の大歓声&拍手喝采

セットリス
d0128285_12243473.jpg01:プレリュード
02:Liberi Fatali
03:フィッシャーマンズ・ホライズン
04:祈りの歌
05:素敵だね
06:ファイナルファンタジー・ドゥワップ・メドレー
07:いつか帰るところ?Melodies of Life
08:ファイナルファンタジー
09:プリマビスタ楽団
10:約束の地
11:石の記憶?Distant Worlds
12:Eyes On Me
13:Kiss Me Good-Bye

14:オペラ「マリアとドラクゥ」
15:スウィング de チョコボ
16:再臨:片翼の天使

「VOICES music from FINAL FANTASY」コンサート概要
●開催日
2006年2月18日(土)
d0128285_31093.jpg●会場
パシフィコ横浜国立大ホール16:00開場/18:00開演
●製作総指揮・司会
植松伸夫
●指揮
アーニー・ロス
●演奏
プリマビスタ・フィルハーモニック・オーケストラ
●ゲスト
アンジェラ・アキ白鳥英美子、RIKKI、増田いずみ
●全席指定 ¥6,300(税込)
2005年11月25日(金)より各プレイガイドにて発売


[PR]
by a20050309 | 2006-02-18 00:01 | ●アンジェラ2006