アンジェラ・アキのすべて

<   2007年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

『ナツひとり―届かなかった手紙―』製作発表

2007.09.27

『ナツひとり―届かなかった手紙―』製作発表

女優、仲間由紀恵が9月27日、東京・内幸町の帝国ホテルで行われた主演舞台 「ナツひとり-届かなかった手紙-」 (新橋演舞場、11月1日~26日) の製作発表会見に出席した。舞台出演は3年ぶり、座長公演は初めてとあって 「座長という言葉は聞き慣れなくて。手がずっとグーです」 とガチガチだった。同作は平成17年に放送されたNHKドラマ「ハルとナツ」の舞台化で、ブラジルに移民した一家の70年間の物語。仲間はドラマから引き続き、渡航できず日本に残された娘、ナツを演じる。ドラマでは10代から30代を演じたが、今回は14歳から76歳まで一人で演じる。

そんな仲間を“頼れる仲間”が支える。ナツが心を寄せる学生役の生瀬勝久は 「『TRICK』 『ごくせん』 『功名が辻』。これまで仲間のターニングポイントになる作品には必ず私がついています」 と相性の良さをアピール。副題にかけて「手紙に関する思い出は?」と報道陣から問われると「何十年も書いてない。メールも『了解』『断る』しか返さない」と笑わせ、仲間の緊張をほぐしていた。宇津井健、沢田雅美らも出演。

d0128285_14715.jpg

▲左からマキノノゾミ、沢田雅美、宇津井健、仲間由紀恵、生瀬勝久、福士誠治

2005年に放送された橋田壽賀子作のドラマ 「ハルとナツ」 が舞台化されることとなり、製作発表が行われた。戦前から現代に至る70年間を、ある一家を通して描いた物語。ドラマでは一家でブラジルに移民した姉ハルと、眼病のために渡航許可がおりず一人日本に残された妹ナツの人生を対比的に描いたが、今回の舞台化ではナツ一人にスポットを当て新たに描き直す。脚色・演出は、劇団M.O.P.のマキノノゾミ。ナツ役には、ドラマ版に続き仲間由紀恵。ドラマでは14歳から36歳までに扮したが、今回は14歳から76歳までというほぼ一生を演じることになる。また、ドラマ版でハルの晩年を演じた森光子が、今回は声の出演でハルを演じるのも話題の一つだ。共演経験のあるキャストも多く、会見は終始和気あいあいとした雰囲気。ジョークも交じえながら、それぞれの意気込みを語った。

主なコメントは以下の通り。

d0128285_1483534.jpgマキノノゾミ(脚色・演出)
「橋田壽賀子さんの超大作を、私のような若輩者が」と最初は思ったんですが、仲間由紀恵さんの初めての舞台主演作を任せていただけるという魅力には抗いがたく、橋田先生の胸を借りるつもりで、脚色させていただきました。日本に残されたナツを描くのだけでも膨大で、舞台で3時間にまとめるのは難しかったのですが、かなり熱いドラマになっているのではと。見どころはやはり、仲間由紀恵さんが一人の女の一生を演じること。それは映像ではできない、舞台ならではのものだと思っています。

仲間由紀恵 高倉ナツ役舞台の経験も少ない私が新橋演舞場に立たせていただくということで、とても光栄であると同時に、大きな責任を感じています。ドラマでは一役を三人で演じていたのですが、今回はそれを一人で演じるので、後半をどう演じていこうかと不安と期待があり……。そういえば以前、取材で「今後どういう作品をやりたいですか?」と聞かれたときに「“女性の一生”を演じてみたいと思っています』と答えたことを思い出しました。それがこんなに早く、しかも新橋演舞場というこんなに大きな舞台で実現するとは思わなかったので、ビックリしています。

生瀬勝久 農学部学生・中内金太役
マキノノゾミさんは大学の一年先輩です。今回20年ぶりに演出していただきます。仲間由紀恵さんとは「TRICK」「ごくせん」「功名が辻」、そのほか控えめなヒット作品もろもろ(笑)、由紀恵さんのターニングポイントには必ず私が付きまとってる!! そういう間柄です。そして近々発表される(ある媒体の)『あなたの好きな脇役ランキング』で私は堂々の5位! その人間が付くのだから、面白いに間違いない! 不まじめなことを言っておりますが、中内金太は(ナツの)恋人役になるのかな……? まじめなところもあるんです(笑)。頑張ります!

福士誠治 ナツの幼なじみの牧夫・川村勉役
舞台は僕にとって初めてに近い経験で。それを、新橋演舞場という大きな舞台でさせていただけるのを光栄に思います。キャストのみなさんも、初めてお会いした方ばかりで緊張していますが、みなさん先輩なので、胸を借りるつもりで頑張っていきたいと思います。

d0128285_1524778.jpg沢田雅美 ナツの伯母・高倉カネ役/その娘・イネ役
『ナツひとり―届かなかった手紙―』の“届かなかった手紙”の犯人をやらせていただきます(笑)。ナツをいじめる鬼のカネと、後半は、その娘である仏のイネ。私の中でとっても楽しみな11月の舞台です。仲間さんの初主演舞台をたくさんの人に観ていただけますよう、よろしくお願い致します。

宇津井健 牛飼い・沢岡徳治役
素敵な方たちとご一緒できて、本当にうれしく思っています。主人公ナツの育ての親である、牛飼いの徳治という役で、昭和14年の50歳から18年の54歳まで演じて、一幕で死んでしまいます。ところが三幕のやや後半にもう一度出てまいります。ト書きを見ますと、「徳治・幽霊現る」。私も幽霊の役は初めてで愕然としました(笑)。これはナツの心の中に現れる、人生の師といいますか、重要な役だと自分なりに解釈しております(笑)。頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

■2007.11/1 (木) ~ 26 (月)  新橋演舞場

【スタッフ】 原作=橋田壽賀子 脚色・演出=マキノノゾミ
【キャスト】 仲間由紀恵/生瀬勝久/福士誠治/西尾まり/菊池隆則/三上市朗/沢田雅美/宇津井健/森光子(声の出演)

●チケット ・全指1等席12,600円/2等席8,400円/3階A席4,200円/3階B席2,520円/1階桟敷席13,650円
・問い合わせ=劇場 TEL.03-3541-2600
[PR]
by a20050309 | 2007-09-27 19:38

ファンクラブ会員だけへのアンジーからのプレゼント♪

2007.9.26
ファンクラブ会員だけへのアンジーからのプレゼント♪ は・・・


きょうから、アンジーのアーカイブスデータとは別に
管理人の本来のブログ的に、個人日記を書くことにした





特別なアンジーのニュース以外、
日々、たくさんのアンジーファンの方々に訪問していただいていることから、
間を空けない為にもそうすることにした。

原則的に管理人個人日記はタグに「管理人日記」として書くことにする。
もちろん、大好きなアンジーネタでね

で、記念すべき1回目はアンジェラ・アキの公式ファンクラブのことでも。。
でもファンクラブ特権なので、
画像upに関してコピペでの流出を考えて
「電子透かし」にしようとも思ったけど、エイキイトブログのスライドコンテンツで
見せるだけにしょうと思う。(アンジーのファンクラブに入会するといいことたくさんあるよ♪)

それでね
本日、わたしのところにファンクラブから
オリコン1位獲得の「TODAY」の
差し替えジャケ写が届きました~~~\(~o~)/♪





d0128285_205128.jpgこのイベント、ファンクラブ会員限定ページ内 『special』 で告知されるんですが、
その告知内容は↓な感じでした。会員が見逃したら、、、と思うと
アンジーはオフィシャルサイトにBLOGのちょっとハーフタイムなど
のぞく物がいっぱいなので、優先順位が大変!!!!

My Home会員限定イベント決定!!
~アンジェラ・アキ New Album会員限定先行試聴会~

待望のファンクラブ会員限定イベントが決定しました!
New AlbumをMy Homeのみなさんだけにイチ早くお届けする、
アンジープロデュースのファンクラブイベントです!

【日程】2007年9月8日(土)
【場所】東京都 ラフォーレミュージアム 六本木

New Albumをイチ早くお聴き頂けることはもちろん、アンジー自身による、New Album制作秘話公開や、ミニライブを予定しております!

*イベント詳細、お申込みは8/3(金)に、会員限定ページ内 『special』 にて発表いたします。

というような感じです。

この他にも

★アンジェラ・アキCONCERT TOUR 2007-2008 ″TODAY″「MY HOME」限定スペシャル企画

d0128285_16463981.jpg



というがあって

アンジェラ・アキの 「恋のお悩み相談室」

アンジーがみなさんからよせられた「恋の悩み」を紹介し、
ライブの中で親身になってアドバイスをします。

採用された方は、ライブ本編終了後、楽屋にてアンジー本人から
直接アドバイスを受けられます!!

詳細は、会員限定ページ内 ”special” をご覧ください。

楽屋乾杯!あなたをバックステージにご招待!

ライブ終了後、たったいまステージを終えたばかりのアンジーと、
楽屋で乾杯が出来るチャンス!

今度は、あなたがアンジーと乾杯できるかも!? 

詳細は、会員限定ページ内”楽屋乾杯!”をご覧ください。


という、ファンにはたまらない企画が充実しています。

私は、これまで3人のアーティストのファンクラブに入会していましたが
アンジーほど充実したファンクラブを経験したことがありませんね。

d0128285_3592428.jpg入会を迷っている方がいらしたら
決して損はありませんね。
ファンクラブ関連の書き込みは
いずれの機会に、管理人の日記として記したいと思っています。

2006.07.01 に
アンジェラ・アキ オフィシャルファンクラブ 『My Home』 は 正式オープンしました。


ファンクラブ会費 6000円 (入会金1000円+年会費5000円)

ファンクラブ会員特典
01.会員証の発行
02.コンサートチケットの優先予約
03.メッセージカードの発行
04.DIARY&MESSAGE
05.PHOTO GALLERY
06.楽屋乾杯!あなたをバックステージへご招待!



[PR]
by a20050309 | 2007-09-26 23:56 | ●アンジェラ2007

 初の1位獲得!!

2007.9.25
アンジェラ、初の1位獲得!


アンジー、ついに一位。苦労した期間からかわらず、ファンを大切にする姿勢が今日のアンジーの結果です。ホントおめでとう \(~o~)/♪
d0128285_1891595.jpg

アンジェラ・アキ コメント
みな様のおかげで「TODAY」がオリコン1位になりました。

今の私の全てを詰め込んだこのアルバムが、たくさんの人に届いたことを本当に嬉しく思っています。心からありがとうございます!

愛を込めて 2007.9.25

アンジェラ・アキ


d0128285_21363433.jpgd0128285_185835.jpg

アンジェラ・アキのセカンドアルバム「TODAY」(9月19日発売)がオリコンウィークリーチャート(9月26日付)で自身初となる1位を記録。

2006年6月に発売し、60万枚を越すロングセールスを記録したファーストアルバム「Home」は、初登場時の2位が最高位だったため今回の1位は、アンジェラ自身にとっても初の最高位獲得。

このアルバムを引っさげて10月13日(土)の神奈川県厚木市文化会館から始まる全国41公演のツアー 「アンジェラ・アキ Concert Tour 2007-2008 “TODAY"」の随時発売中の各地公演のチケットは即日完売続出のプレミアムチケットとなっている。


[PR]
by a20050309 | 2007-09-25 14:34

○ TOKYO FM  DOWNLOAD MUSIC CHART

2007.9.23
TOKYO FM 「DOWNLOAD MUSIC CHART」
ダウンロードミュージック チャートに生出演


アンジェラ・アキがゲストとして生放送に出演した。
あいかわずのトークに聴き入ってしまう。
原宿KDDI DESIGNING STUDIOから公開生放送


d0128285_22263466.jpg
今週のチャート
アンジェラ・アキの「Again」 52位




番組タイムテーブル
■放送日 2007年9月23日(日曜日)
■放送時間 12:00~12:55
■原宿KDDI DESIGNING STUDIO
■TOKYO FM  DOWNLOAD MUSIC CHART

d0128285_22311839.jpg



[PR]
by a20050309 | 2007-09-23 23:13 | ●アンジェラ2007

● 2007.09.22 NHK 総合 「MUSIC JAPAN」 アゲイン

2007.09.21
NHK 総合 「MUSIC JAPAN」


24時50分の10分遅れで始まった満席のNHKホール
「MUSIC JAPAN」。
番組のトップに登場したアンジェラ・アキ。最新シングルの「アゲイン」をバンドのオケをバックにピアノでダイナミックに熱唱。

最初のコメントは
「ヒトは何かを失敗すると臆病になって、その感情に束縛されてしまうけど、もう一度なにかをチャレスジする気持ちでこの曲を作りました。恋愛、仕事、自分の夢に向かって、もう一度トライする気持ちで聴いてください。『again~アゲイン』」」と・・・・・。



ミュージックジャパンTVログ

d0128285_2181394.jpg


映像はこちらでご覧下さい♪








[PR]
by a20050309 | 2007-09-22 23:58 | ●アンジェラ2007

■ アンジェラ・アキ 全ディスコグラフィ2000-2007

●●全ディスコグラフィ2000-2007●●※リリース時に追加していきます

2000.01.04 These Words
b0033699_6401816.jpg01.I'll Fall
02.We'll Dance
03.100 Ways
04.April Sun
05.Funny Dreamers
06.Roshni's Song
07.Perfectly Happy There
08.Your Voice
09.Peace To
10.Magic
11.Hidden Track (Come Home to Me)

(アンジーの名誉のために公開は避けていたが、完全ディスコグラフィをコンセプトにしているのでこのジャケ写のネット流通を考慮し画像は「電子透かし」設定にしてある

■アメリカのライブハウスなどで定期的にライブを行っていたり、バーで弾き語りをしていた頃の、アンジー22歳のときの作品。レコーディングは1998年11月から1999年9月とクレジットされている。現在、本人が本作の存在については一切触れないためにその当たりについての詳細な情報が現在は語られていない。また、公式ページやブログにも存在が明かされていないために、本作のことを全く知らないという者も多くいる。丁度、日本のCMプロデューサーに出会い、楽曲提供を薦められている頃の作品であることから、日本でのデビューも見越していたと思われるが定かでない。

全曲英語詞でこの作品から後の作品に収録された楽曲はない。今のところ日本ではインターネット上で公開されている3曲が試聴可能だが、それ以外の楽曲についてはほぼ入手不可能に近い。また、このアルバムのジャケットではメガネをかけていない彼女の顔を見ることの出来る数少ない写真が掲載されている。日本未発売であり、アメリカでもインディーズ流通であったことから、オークションにすら出品されず、公開されている音源以外の楽曲入手はほぼ不可能に近く、現在は殆ど幻の1枚と化している。このアルバムのプロデューサーのTony Alanyはアンジェラの前夫である。


2003.06.18 SOB-A-MBIENT
b0033699_11594593.jpg
おしながき~コニシのおそばやさん

★アンジェラが2000年大学卒業後、OL(秘書)をしていたとき、本人の音楽への夢をあきらめきれず退職しウェートレスのバイトをしながら、1988年当時から歌っていたワシントンのライブハウスで、再び歌い始める。

2002年12月16日、日本から来ていたCMプロデューサー小西康陽の薦めで、CMソングの依頼をされる。

d0128285_17144223.jpgアンジェラ・アキは悩んだ末の了承。このことが日本への帰国を決意。アメリカに両親を残しての帰国となった。『ヤクルト400』のCMのソングがそれ。

この仕事が切っ掛けで日本での音楽活動で音楽の道への夢を託した。小西康陽からの誘いもあって参加したコンピレーションアルバムが  『SOB-A-MBIENT』 だ。アンジェラ・アキが参加したのが  「おしながき~コニシのおそばやさん」 のみ。この時のことを03年8月11日のアンジェラ・アキのライブ(南青山 MANDALA)でMCをしている。

帰国後の2003年から盛んにミニライブをやっていたアンジーがにわかにインディーズでCDが1枚も作っていないすごいシンガー、と、名前が知られてきたころ。アンジーはこの時期、メガネとピアノとTシャツではなくアコーステックギター、エレキギター、という演奏も多かったが、原点のピアノでジャズを演奏していたワシントン時代の奏法テクニックはギターでも同じ。

*2004年に小西康陽制作のCF日立DVDカム 「Wooo」のCMソングに参加。

2005.03.09  ONE (1st)
b0033699_18184387.jpg01.We’re All Alone (日本語ヴァージョン)
02.Rain (オリジナルヴァージョン)
03.A Song For You (日本語ヴァージョン)
04.Warning (英語ヴァージョン)
05.Never Is A Promise
06.愛するもの

最高位:2位 登場回数:19回 (インディーズ部門)
最高位88位 登場回数9回


■発表時はインディーズだったためHMVのみで、一般ショップでは入手できかったミニアルバム。3か月後
の6月20日に全国発売になった。
d0128285_14422729.jpg日本国内では、このアルバムがデビュー。(自身では2000年のUK盤が本来のデビューだが、アンジー本人の口からは語られていない。)

2000年5月ジョージワシントン大学を卒業後、一度は音楽の夢をあきらめOL(秘書)として働いたが8か月で会社を辞める。再びあきらめきれない音楽の道を歩むべく 2001年11月29日、アーリントン (ヴァージニア) のルーナ公園でアコギのストリートライブをした経験も表されている。この時点作品ストックは100を超えている。

全曲、ピアノの弾き語り。カバー曲も独特の感性と感覚で歌われている。 オリジナル曲は 「Rain」 が有名。 「Warning」 は英語ヴァージョン収録。ピアノ一本でのレコーディング。 声と音のシンプルさ、全体的にしっとりと切ない雰囲気の曲と美しい日本語がコラボされた最高の作品。

発売週チャートで2位 (インディーズ) に。米国で多くのライブを経験した真価が発揮された。2005年には宇多田ヒカルが海外、日本盤と各々2枚のシングルをリリースした年だったが、注目度はアンジェラ・アキに向けられていた。期待の大型新人Angela Akiというキャツチが業界で取り上げられた。歌唱力、表現力には宇多田以上との高い評価が目立った。注目度トップのミュージシャン。カバー曲も独特の感性と感覚で歌われていて新鮮だ。カバー曲は訳詞ではなく日本詞語のオリジナル。自らオリジナルの詞を書いている。

ライヴ演奏されることが多い 「Never Is A Promise」 「We're All Alone」 の2曲はアンジーの原点。オリジナルの3曲も、初期の米国時代から歌っている 「Warning」、 にCMソングとしてオンエアされた日立DVDカムの「愛するもの」のオリジナルトラック 【CFのトラックはCM用の焼きなおし音源】 と、収録曲の中で特に人気の高い 「Rain」 という構成。

余談だが04年12月6日の南青山MANDALAのミニライブでアンジー自身が 「メジャーデビューが決まった」 とのMCがあり 『ONE』 には収録されなかったデビュー曲となる 「HOME」 が初披露された日でもある。そのときのセットリストは、03-05LIVEカデゴに記した。

d0128285_22224294.jpg2005.03.29 PLAYLIST 3

We're All Alone/アンジェラ・アキ

■ 『PLAYLIST』 はインディーズで活躍が期待されるアーティストをHMVが独断で選出するオリジナル・コンピレーション非売品CD。HMVが選定した15対象商品を購入したユーザーへ2005年3月29日から無料で配布した15曲入りの第三弾。現在も一部を除き、多くのアーティストが消えずに活動している。

先着100人で各店配布数がなくなり次第、終了という企画ものだった。入手したユーザーには貴重CDだ。数年前のアナログ盤ふうのデザインが新鮮。

メジャーレーベル会社が、音のカタログという形式で出すのと酷似しているが、一番の特徴は全曲がフルトラックで収録されていること。インディーズ当時のアンジェラ・アキの 『ONE』 から、「We're All Alone」 が トラック 6 に選曲された。

他の14人は、ジムノペディ、RAMJA、Capsule、おおはた雄一、I The Tenderness、鈴木みらい、Back Lash、しばのまり子、Keito Blow、神楽、Studio Apartment、Back Lash、サノトモミ、SNOW、Monkey Majikがクレジットされている。

d0022648_8373883.jpg2005.09.14 
1.HOME
2..奇跡
3..Will You Dance(日本語ヴァージョン)


最高位38位 登場回数15回

★メジャーデビュー第一弾。
「HOME=ふるさと」 に対してのラブ・ソング。カップリング曲 「奇跡」 はジャニス・イアンのカヴァーに自身の日本語詩を付けた 「Will You Dance」 を収録。
2005年9月26日 on air のCX 『めざましテレビ』 に出演したアンジーはデビュー曲「HOME」のエピソードを、「ハワイにおばあちゃんの仏壇があって、そのおばあちゃんの写真を見た瞬間に、故郷徳島での生活を鮮明に思い出して、ふるさとを思い出しながら『HOME』が出来たんです。おばあちゃんに『HOME』を聴かせたかった。。」 と、語っている。


d0022648_9303737.jpg2006.01.18
1. 心の戦士
2. 空はいつも泣いている
3. TODAY
4. Eyes On Me(ファイナルファンタジーVIII挿入歌)


最高位13位 登場回数17回

★セカンドシングル  「心の戦士」 と 「空はいつも泣いている」 はオリジナル曲。SMASHING PUMPKINSの名曲 「TODAY」 はアンジェラがオリジナルの日本詞を付けたカヴァー曲。ボーナストラックとして1999年にフェイ・ウォンが歌った 「ファイナルファンタジーVIII」 の挿入歌を収録。
中京テレビ 『ニュースプラス1』 テーマにもなったが地方局なので地元しか毎日聴けなかった。 1stシングル 『HOME』 の発売から約半年経っての2ndシングル。初回盤付属 『ファイナルファンタジーXII』 の映像が話題となり発売翌日のデイリーチャートで9位を記録した(マンスリーでは13位)。
アンジーは 「心の戦士」 が出来たときのことを2006年6月17日の NHK 「トップランナー」 で語ったことがある。
音楽の道に本格的に進みたいと思っていたが、夢と現実の狭間で悩み、結局ある会社で秘書の仕事をすることになった。昼間はオフィスで仕事、夜はライブ活動をする生活を続けていただが、会社の上司や同僚もライブを見に来てくれていたそう。
どっち付かずの状態にアンジーはストレスを感じながら生活していた。ある日、上司に呼び出されて、突然 「アンジェラ、あなたはなぜこの会社で働いているの? もっと自分に賭けてみても良いんじゃない? 」 と聞いてきたそうだ。周りから告げられた 「Take a chance on you.(自分に賭ける) 」 。この言葉に彼女は突き動かされて、数週間後、その上司に音楽の道に進む、と告げると、一言、「 君がそれを言う日を待っていたよ 」と。。。そんな心境を描いたのか 「心の戦士」 だという。

ちなみに2005年1月16日の 『青山 月見ル君想フ』 のミニライブで初披露されている。いつかはシングルとしてりりースを願っていたのだろう。

d0022648_9521998.jpg2006.03.15
1. Kiss Me Good-Bye (日本語バージョン)
2. Sante Fe
3. 青い影
4. Kiss Me Good-Bye (英語バージョン)


最高位6位 登場回数18回

★全世界で5000万本の売り上げを誇るFFの挿入歌に抜擢されたのがアンジェラ。作詞もアキ。タイトル曲は、ファイナルファンタジーXIIの挿入歌「Kiss Me Good-Bye」の日本語バージョン。ボーナス・トラックはファイナルファンタジーXIIの挿入歌(英語バージョン)を収録。

b0033699_1325595.jpg2006.04.05
Kiss Me Good-Bye (オリジナルヴァージョン)

(ファイナルファンタジー102映像フィチャー)
※DVD5.1サラウンド仕様

★本作では、
大ヒットゲーム「ファイナルファンタジー102」の映像と彼女のオリジナル映像を融合したPVを収録。


最高位14位 登場回数7回

■販売元: エピックレコード
■時間: 5 分


d0022648_1092437.jpg2006.05.31
1. This Love (『BLOOD+』 エンディング・テーマ)
2. 自由の足跡
3. Kiss From A Rose


最高位6位 登場回数12回

★4thシングルは、TBS系アニメ 「BLOOD+」 のエンディングテーマソング。
愛を歌った壮大なバラードはアンジェラの魅力が100パーセント表現された仕上がりになった。
信じる力が愛を自由にする、というのがテーマ。この曲では、信じる力がいかに大事なのかを歌っています。自分を信じて踏み出そうという、自分自身へのメッセージ。もちろん、相手を信じることも大事だけれど、曲に込めているのは、自分を信じること、自分の夢や才能を信じて進むこと。<奇跡を待つより この手をつなぎたいという歌詞は、信じて一歩を踏み出すことで意識を変えていけるという意味を込めているという。

2006.06.14  Home (2nd)
b0033699_18383125.jpg01. Kiss Me Good-Bye
02. Love is over now
03. 心の戦士
04. MUSIC
05. This Love
06. お願い
07. 宇宙
08. Rain (新録音)
09. 奇跡
10. 大袈裟に愛してる
11. ハレルヤ
12. HOME
13. Your Love Song

b0033699_20541878.jpg

最高位:2位 登場回数:64回

■デビュー以来ヒットを連続しているアンジェラの公式ファースト・アルバムです。インディー時代のアルバム「ONE」で最も人気の高かった「rain」もリアレンジで収録。
初回限定は ファイナルファンタジーXII コンプリート・ムービー-Final Edition-ファイナルファンタジーXIIと、アンジェラ・アキ 「Kiss Me Good-Bye」 のコラボムービーが特典された。
Sony Music ANIME Fes.06での 「This Love」 のライブと、これまでのヒットシングル4曲がすべてDVDで完全収録された。



2006.06.21d0128285_4374491.jpg  VOICES music from FINAL FANTASY
ファイナルファンタジー プレミアム・オーケストラコンサート

アンジェラ・アキのパートトラック
○Eyes On Me (ファイナルファンタジーVII)
○Kiss me good-bye (ファイナルファンタジーXII)


■2006年2月18日パシフィコ横浜で開催された
 『FF』 シリーズのオーケストラコンサート 
「VOCES music from FINAL FANTASY」 
を完全収録したDVDもの。
初回限定盤 (緑) はメーキンギV付き

2006.10.25 BLOOD+COMPLETE BEST
d0022648_16413890.jpg
This Love

■Production I.Gが放つ話題のアニメ 「BLOOD+」 全てのオープニング&エンディングテーマを完全収録した主題歌ベストアルバム。CDには全4クール、計 8曲のオープニング・エンディングテーマを収録。さらに、ハリウッド・メジャーコンビ (音楽:Mark Mancina、音楽プロデュースHans Zimmer) が音楽を担当した劇中BGMの中から「BLOOD+ Grand Theme」「Diva」をボーナストラックとして加え、全10曲収録。

オープニング&エンディングアニメーションをノンクレジットバージョンで収録したDVD付き。
b0033699_6225958.jpgBLOOD+ストーリーダイジェスト、アーティストコメント、キャラクターデザイン:箸井地図氏描き下ろしエンディングイラストのフル掲載など超ボリュームの80ページスペシャルブックレット封入。特製BOXは、両面ともアニメーションキャラクター・総作画監督:石井明治氏の描き下ろし  「BLOOD+」  ファン感涙物の超豪華BOXセット
○限定盤 (2007年1月31日生産終了) / CD+DVD 2枚組


b0033699_114322.jpg2006.12.13
犬神家の一族 サウンドトラック


On & On (サウンドトラックVersion)

★アンジェラの 「On & On」 は、このサウンドトラック盤での収録時では新曲。もちろんサウンドトラックヴァージョン。詳細は作品カテゴに。


d0022648_11405212.jpg2007.03.07
1. サクラ色 (SONYサイバーショットCMソング)
2. On & On (Cyber-shot”Tシリーズ」CMソング)
3. Power of MUSIC
4. HOME (ピアノ弾き語りヴァージョン)


最高位:8位 登場回数:18回

★ミュージシャンになる夢を持ちつつも挫折を繰り返しながら青春時代を過ごしたワシントンでの日々を歌った曲。声とピアノに華やかなオーケストラが加わり、 「HOME」 のワンフレーズが入る。カップリングは夢を見続けること、信じ続けることを歌った応援ソング  「On & On」 と 「Power of Music」。
ボーナストラックは 「HOME」 のピアノ弾き語りバージョンを収録。初回限定盤は「サクラ色」のPVとメイキング、2006年10月12日での ZEPP TOKYOのライブ映像が収録された。


d0128285_10522733.jpg2007.3.21
My Keys 2006 in武道館

1 Rain
2 Will You Dance
3 ハレルヤ
4 Kiss Me Good-Bye
5 We Are The Chanpions
6 On & On
7 心の戦士
8 大袈裟に 「愛してる」
9 宇宙
10 愛するもの
11 赤とんぼ
12 Home
13 サクラ色
14 奇跡
15 Music
16 Train-Train
17 This Love

d0022648_11501429.jpg2007.05.23
1. 孤独のカケラ (TBS系「孤独の賭け~」主題歌)
2. 孤独のカケラ (ピアノヴァージョン)
3. Solitude


最高位:9位 登場回数:8回

★TBS系ドラマ 「孤独の賭け~愛しき人よ~」 主題歌。メーンテレビドラマ主題歌はこの曲が始めて。アンジェラ・アキのバラードが際立つ「孤独のカケラ」も名曲。

余談だがサクラ色がアンジェラのシングルは文字のデザインを横打ち明朝から縦打ちゴジック体に。。。(^o^)


d0022648_1212251.jpg2007.07.11
1. たしかに ( KDDI「au LISMO」CMソング)
2. たしかに(ピアノヴァージョン)


最高位:15位 登場回数:6回

★何かに頑張っている人への応援歌。日常生活を送っていると、やっぱりつらいことや、めげることがある。そんな時、どうやって自分を励ましたらいいかと思って曲をつくりました。つらい時に大事なのは、小さいことかもしれないけれど、身近にある大事なことや素敵なことに気付くことだと思うんです。日差しの綺麗さや、人の笑顔や、自分を大切に思ってくれる人がいることに気付くこと。それがあれば、なんとか1日頑張れる気がするんです。そんな想いを表現したくて「たしかに 愛はある」というフレーズを考えました。【本人コメを抜粋】


b0033699_1284971.jpg2007.09.07
Again
(フジテレビ系「めざましテレビ」テーマソング)

★大半が深夜に聴きたいアンジーの曲の中、夜型のアンジーが朝方に出来上がったという曲。前の日に、人間関係にといろいろ嫌なことがあっても新しい朝には気持ちも新た再び頑張れる、という想いや元気がもらえる曲だ。
アンジーの詞の世界が発揮された曲に仕上がっている。めざましTVのテーマにピッタリだ。

最高位:34位 登場回数:3回(ダウンロード配信ランキンマーグ)

セカンドアルバム  『TODAY』  からの配信限定先行シングルでPVでも観られる。

2007.09.19 TODAY (3rd)
b0033699_18142212.jpg01. サクラ色 (SONYサイバーショットCMソング)
02. Again (CX系「めざましテレビ」テーマソング)
03. TODAY
04. 愛のうた
05. たしかに (au LISMO CMソング)
06. Silent Girl
07. モラルの葬式
08. 乙女心
09. One Melody
10. 友のしるし
11. 孤独のカケラ (TBS系「孤独の賭け~」主題歌)
12. On & On (映画「犬神家の一族」オリジナルヴァージョン)
13. Surrender

b0033699_18161135.jpg
最高位:1位 登場回数:2回(10.1現)

■あなたは「今日(いま)を生きていますか? と帯のメッセージが・・・・・。

 「サクラ色」 「孤独のカケラ」 「たしかに」 に最新配信シングル「Again」 を収録した公式2ndアルバム。1stアルバムがデビューするまでの10年の凝縮であるなら、2ndアルバムは武道館ライブのために作ったと言う  「サクラ色」  が本アルバムへの架け橋。一曲目が  「サクラ色」 で始まるのはそのためだ。前作 「Home」 以降、ピアノの弾き語りによる初の武道館ライブ、さらにNHK紅白歌合戦に出演するなど、急激に知名度を上げたアキ。

リアルな言葉づかいとダイナミックなメロディ、ライブ感を重視したスタジオワークがひとつになった、きわめて質の高いシンガーソングライター・アルバム。

※1pの文字数キャパ限度でレビュー記せないのでカテゴの作品で記して行きます(>_<) 

[PR]
by a20050309 | 2007-09-20 20:10 | ●アンジェラ2007

● TODAY (3rd) 

2007.9.19
TODAY(3rd)
メジャーアルバム第2弾


あなたは「今日(いま)を生きていますか? と帯のメッセージが・・・・・。
ディスク1
01 (5:17) サクラ色  Sakurairo
     (ソニー「サイバーショット」CMソング)
02 (4:32) Again
     (CX系「めざましテレビ」テーマ・ソング)
03 (4:45) TODAY
04 (5:59) 愛のうた Ai no Uta
05 (4:56) たしかに Tashika ni  (KDDI「au LISMO」CMソング)
06 (3:47) Silent Girl
07 (5:44) モラルの葬式 Moral no Soushiki
08 (4:14) 乙女心 Otome Gokoro
09 (5:33) One Melody
10 (4:51) 友のしるし Tomo no Shirushi
11 (5:22) 孤独のカケラ  Kodoku no Kakera
     (TBS系「孤独の賭け~愛しき人よ~」主題歌)
12 (4:51) On & On
     (東宝映画「犬神家の一族」イメージ・ソング)
13 (5:22) Surrender


ディスク2 (初回限定盤)
01.サクラ色 (ミュージック・ビデオ )
02.孤独のカケラ-special Version (ミュージック・ビデオ )
03.たしかに (ミュージック・ビデオ )
04.Again ライブ(2007.4.30 in NHKホール)
05.サクラ色 ライブ(2007.4.30 in NHKホール)
06.孤独のカケラ ライブ(2007.4.30 in NHKホール)
07.サクラ色 (ミュージック・ビデオ ・メイキング映像 )
08.孤独のカケラ (ミュージック・ビデオ ・メイキング映像)
09.たしかに (ミュージック・ビデオ ・メイキング映像)
10.アルバム TODAY レコーディング・ドキュメント



■大ヒットシングル 「サクラ色」 から 「孤独のカケラ」 「On & On」 の3枚を収録した公式2ndアルバム。
1stアルバムがデビューするまでの10年の凝縮であるなら、2ndアルバムは武道館ライブのために作ったと言う 「サクラ色」 が本アルバムへの架け橋。一曲目が 「サクラ色」 で始まるのはそのためだ。前作「Home」以降、ピアノの弾き語りによる初の武道館ライブ、さらにNHK紅白歌合戦に出演するなど、急激に知名度を上げたアキ。

すべての楽曲のプロデュースを自ら手がけた本作は、どんなに有名になっても変わらない、アキの表現の深さと凄みがはっきりと映し出されている。リアルな言葉づかいとダイナミックなメロディ、ライブ感を重視したスタジオワークがひとつになった、きわめて質の高いシンガーソングライター・アルバム。

10年間の下積み時代の想いがつまったアルバムがファースト・アルバム「Home」とするなら、セカンドアルバム「TODAY」は"今"のアンジェラのすべてがつまったアルバムです。


d0128285_1528980.jpgd0128285_15301870.jpg

d0128285_11214797.jpg


ピアノを弾きながら伸びやかに歌う姿が印象的なアンジェラ・アキ。

活躍中のアンジェラ愛用・こだわりの音響機器とは? 

9月19日発売のセカンドアルバム
 
「TODAY」 の

レコーディング中のエピソード、

音楽への想いとは??


2007年9月2日(エピックソニー会議室)



――セカンドアルバム 『TODAY』 はどういう仕上がりになりましたか?

アンジェラ: ファーストアルバム 『Home』 がアマチュア時代の10年間の作品の総括みたいなものだとすれば、『TODAY』 はそこからの1年。大きく一歩を進んだ今の私がぎっしり詰まっていて、リアリティのある作品になったと思います。以前、『TODAY』 というスマッシング・パンプキンズのカバー曲を発表しているんですが、この 『TODAY』 は別の曲です。それをアルバムタイトルにしたのは、タイトルを、今の私を表現する強い言葉にしたかったから。 『サクラ色』 を作っていた段階からそう考えていて、タイトルだけは先にできていたんですよ。

――ライブや音楽番組の生出演などをベストの状態で臨むために、習慣にしていることは?

私は必ず楽屋にキーボードを入れてもらっているんです。Rolandの電子ピアノを使っているんですけど、ギターの人とかと同じで、触っていると気持ちが落ち着くし、発声もできるし。デビュー当時は、携帯電話を使って音程をとっていたんですよ。携帯の発信の「プー」っていう音がGなので、そこから曲の音程を確認して歌っていたんです。今は、それがキーボードになってラッキーみたいな(笑)。

――人間30年も生きてれば、挫折や妥協、絶望なんていくらでもあると思うんですけれども自身は挫折や妥協、絶望というモノをどのように捉え、付き合い、生きてきたと思われますか?


デビュー前に私は都内でライブ活動をしていたんですけど、ある時、某レコード会社の人が 「まぁ良いんじゃない」 って感じで、私のライブに来てくれたんです。それで、楽屋にも来てくれたんですよ。その人は 「良かったよ~」 って言ってくれて。最初は嬉しかったんですけど、その人がその次に発した言葉が 「アンジェラの歌詞って15才で止まってるよね」 だったんです。その瞬間、私は本当に血の気が引いて。大衆に下着姿を見られたかのような恥ずかしさがあって、もうすっごい泣きそうになったんだけど、 「泣くな泣くな」 って自分に言い聞かせながら、平然として 「まぁ15才でアメリカに行っちゃったから」 とか答えていたんでけど・・・もう次の日から、毎日その人に対する怒りが沸いてきて!

その彼の一言にずっとうなされて。なんでそんなに嫌だったかっていうと、自分もどこかでそんな風に思っていたんですよ、きっと。ちょっとでも自分が抱えているコンプレックスみたいな部分を突き刺されると、人間ってすごくあたふたするんですよね。でもそれから時間が経って落ち着いてきたときに、まず私が何をしたかと言うと、 「100曲作ってやるわ!」 だったんですよ。

高校生の漢字ドリルとか買ってきて、 “商い中” とか憶えたりして。それでとにかくいっぱい曲を作ったんですよ。その流れの中でカバーとかもやるようになって、元々存在するモノを自分の言葉で書き換えて更に追求していったりして。で、実際に1年で100曲以上作ったんです。そこまでやってようやく 『ONE』 や 『Home』 に入っている、本当に自分の好きな曲に辿り着けて。そう思うと、あのときに 「15才で止まってるよね」 って言われなかったら、もしかしたら変な自信とか付いて、「これが私の個性なのよ」みたいなことを言っていたかもしれないし。だからピンポイントで弱いところを突かれたことによって、すごく嫌だったけど、それと向き合っていくことができた。私はどっちかって言うと、そういうことを繰り返してきたと思うんですよね。

ただ、“努力家”とかってよく言われるんですけど、そうじゃないんですよ。私は勉強しなかった子だし、どっちかって言うと、簡単な方の道を選ぶ人なのね。だから “努力家” ではないんだけど、なんか、真の自分のコンプレックスに突き刺さってくるモノに対しては全力で戦う。自分がそこを信じたくないから。だから上手く言えないけど、そういう感じで絶望とは向き合ってきたのかな。もちろん 「15才で止まってるよね」 って言われた次の日から漢字ドリルじゃなかったですよ。数ヶ月はグッタリしてて、周りの人が 「気にしないで」 って言ってくれても 「おまえが言われたんちゃうやろ?」 みたいな感じだったし(笑)。

――全国ツアーの意気込みを教えてください。

私はフランクに、ハンドマイクを使ってみなさんの眼を見ながらよくしゃべる人だから、ファンの方との距離が近いライブなんですよね。 「えぇ!? 泣きにきたのに!」 ってひいている方もいると思うんですけど(笑)。でも、泣くパートはちゃんとあるから! って(笑)。しっとり聴くパートもあるし、みんなで歌うパートもあるし、へんてこカバーのパートもあるし……。CDとは違った一面を体感してほしいですね。絶対に「楽しかった!」って言わせますから(笑)。

――こだわりの音響機器を教えてください。

Roland の EDIROL R-09 (高品位録音が行えるWAVE/MP3レコーダー。あらゆるシチュエーションで録音できる先進モデル) というデジタルレコーダーがあるんですけど、それにすごく頼っています。4ギガくらいまで収められてハードディスクとしても使えるし、ファイルを曲順に並べてくれるから、すごく便利。たとえば、76番から80番まで 「サクラ色/アイデア」 とかメモっておくんです。そうすると、後から引っ張り出してすぐに聴けるんですよね。

――EDIROL R-09 は、いつから使っているんですか?

前作のアルバム、 『Home』 のレコーディングの時も使っていましたね。EDIROLは音質がすごくいいんです。弾き語りデモテープをその場で録って、すぐにパソコンにコピーして、そのまま 「新曲/アイデア1」 とかにしてスタッフのみんなにメールで一括送信できるから、そういうところもとても便利なんですよね。あ、あとEDIROLのほかに、今回のアルバム 『TODAY』 のレコーディングでは iPod も重宝していました。

―― iPod はどういう風に使っていたんですか?

レコーディング中は曲がちゃんと完成するまでに、ラフミックスといって、何回も更新したパターンがあるんですよ。その日の作業が終わると家に帰ってチェックするんです。 『Home』 の時は毎回CD-Rに焼いて持って帰っていたんですけれど、毎日の事ですからすごい量になるんです。それだとわからなくなるし、面倒だし、エコ的じゃないし(笑)。それで今回は、全員がiPodで曲を持ち帰って、家でステレオに繋いで聴いてっていう作業をしていました。初期段階のものもデータとして残っているので、全部でき上がってからもすぐに聴けるというおもしろさもありますね。

――音楽活動をする上で、音響機器はどういう位置づけのものですか?

ちゃんとした形になって人に届く前の段階で、すごく必要なもの。自分にとっては制作における頭的な存在ですね。ある意味、でき上がったものが一つの絵だとするならば、絵の具やブラシが声やピアノで、音響機器はキャンパスみたいなものですね。土台になるもの、そういう存在。作品のクオリティに大きく関わって、デモのクオリティによって採用されたりしなかったりと左右されることがあるので、とても大事なものです。

――作詞・作曲は具体的にどういう流れで行なっているんですか?

曲を聴きながらカフェとかで詞を書ける人だったらいいなって思うんですけど、私はピアノから離れられないんですよ。常にピアノを弾きながら、鉛筆でノートに書くというアナログな感じなんですけど。語呂やノリなんかを深く追求しながら作っていった後で、パソコンに打って、画面で客観的に見る。さらに、プリントアウトして活字になったものを見る。そうやって歌を作っています。

――パソコンは何をお使いですか?

最初にアメリカで活動していた時から、ずっとMacですね。簡単に音楽を作れるガレージバンドというソフトやProToolsなども使ってバンドのメンバーとデモテープを作ったりしていました。ジャケットのデザインをするのもMacのほうがやりやすくて。今はノートのMacBook Proを使っています。携帯するには重いので、ツアー中はマネージャーのMacを使わせてもらっています。便利ですよ、近くにマッカーがいると、いろんなことが聞けるから(笑)。

――もともと機械モノは得意なほうですか?

私はそんなに得意ではないんですよ。周りに機械に長けている人がいると頼ってしまうから全然発達しないんですよね(笑)、そういう能力が。私はA型なんですけど、機械が好きで凝っている人って、周りを見るとO型とかB型が多い。A型の人って少ないんですよ。まあ、ここで血液型を持ち出さなくてもいいんですけど(笑)。血液型に関係なくても、私はアナログな部分を残しておきたいというか。

――アナログな部分というのは、たとえば作詞・作曲をする時のことですか?

そうですね。あえてピアノにパソコンを置いて曲を作らないというのも、自分の字で詞を書いて、それを見た時のリアリティや温かみを大切にしたいからなんですね。すべて機械に頼ると、少しだけ人間味が薄れる気がする。でもそういう機械によって明らかに世界が変わって、アートの在り方も変わったというのはすごいことだから、ついていきたいとは思うんですけど、依存するのではなく共に存在したい。そのバランスをうまく保っていきたいですね。

――最後に、アンジェラさんにとって、ライブとはどういう存在のものですか?

歌っている私と聴いてくれている人との “1対1のつながり” ですね。三年前、アメリカのスターバックスのロビーで、2人しかいないギャラリーを前にして歌っていた時から同じ気持ちなんですけど。去年の武道館ライブには1万4000人の方が来てくれたんです。でも1対1万4000ではなくて、1対1が1万4000個あるという感じ。ライブをやるためにCDを作っているみたいなところがあって、ライブは、私の音楽においてベーシックとなるものですね。

アンジェラ・アキ ツアーに向けて
セカンドアルバム 『TODAY』 をリリースして、全国津々浦々をツアーで回るという目標をこの秋に達成できると思うと、すごくうれしいです。アルバムは、みなさんの現実と照らし合わせながら、今を、今日を祝福する気持ちで聴いてほしいですね。


[PR]
by a20050309 | 2007-09-19 00:00 | ●アンジェラ2007

東京タワーで限定ライブ

2007.9.18
アンジェラ・アキが東京タワーで限定ライブ


アンジェラ・アキが9月18日、東京タワー大展望台で19日にリリースのセカンドアルバム「TODAY」の発売記念ライブを行った。

d0128285_04529100.jpg

約3万通の応募から選ばれた40人のメガネっ娘を前に
この特別な地にもう一度、戻って来られてうれしい
と出だしからエンジン全開。

見えないきずなで結ばれているのを痛いほど感じた

と最新アルバム「TODAY」収録の5曲を熱唱。

b0033699_9224415.jpgデビュー前、米国暮らしから2002年に帰国後、東京タワーには何度も訪れ
音楽の道に進んでいいのか迷ったとき、下から見上げてパワーをもらった特別な場所
と語った。

アンジーはシンガーになる前、大学卒業後、音楽を勉強してきてはいたがこの世界に入るすべが分からず、ある会社でOLを1年あまり経験している。いろいろな人間関係に悩みつつ、この場所で悩んだのだろう。

5年前、大都会に出てきて、デビューもなかなかできなくて…。そんなときここに来て、タワーの電波なんですかね、強い気持ちと勇気をもらっていました
と下積み時代を振り返っていた。

d0128285_0483614.jpg
セットリスト

1.サクラ色

2.Again

3.孤独のカケラ

4.One Melody

5.たしかに






[PR]
by a20050309 | 2007-09-18 22:30 | ●アンジェラ2007

yahoo プレミアムライブ

2007.9.17
yahoo プレミアムライブ


d0128285_1874380.jpg
あなたは、「今日(いま)」を生きていますか? 「今日(いま)」のアンジェラ・アキのすべてがつまった最高傑作アルバム「TODAY」を引っさげ、一夜限りのプレミアムライブを開催。午後9時~午後9時30分の30分 yahoo ネットで「TODAY」の話題で盛り上がった。
※抽選で選ばれた25組50人だけの観客の中「サクラ色」を最後に披露。

yahoo プレミアムライブ内容


[PR]
by a20050309 | 2007-09-17 13:05 | ●アンジェラ2007

○ 2007.09.15 ミュージック・オン・ティーヴィ ② 

2007.09.15
M-ON! Make On The Holiday (ミュージック・オン・ティーヴィ)


昼12時から放送の MUSIC ON! TVの公開生放送 『M-ON! Make On The Holiday』 に2006年3月13日以来、二度目の出演をした。
ひと月前に、観覧希望者が募られ、希望者約3万人の中からの100人が参加した。。


d0128285_136122.jpg

前日、14日にデビュー丸2年を迎えたアンジェラ・アキ。
そして今日が30歳の誕生日。
Tシャツも30の数字で 「M-ON! Make On The Holiday」 生放送出演。

d0128285_13123187.jpgd0128285_1314278.jpg

9月19日リリースの『TODAY』は
自分を客観的に見ることや切り離すことが
今回のレコーディングで発見出来たことだそうだ。

アルバムの出来は
「いい意味で、不完全でパーフェクト!」
と語るアンジェラ・ァキ。



d0128285_1354651.jpg

d0128285_13463838.jpg

d0128285_1339893.jpg
HappyBirthdayソングが
歌われたたとき
お祝いの
メッセージボードが手渡され、感激のアンジェラ・ァキ。

一緒に 『HOME』 『TODAY』 と

30の数字が入った、アンジーの定番のコンバースのスニーカーが渡された。

d0128285_14224234.jpg
恒例のフリップトークでは最近の得意メニューの話に。

カボチャ、揚げ茄子、トマト、オクラで具沢山味噌汁。
ただ、大根味噌汁は母親の味だそう。

d0128285_2315374.jpg
二品目が、シンプルなトマトソース!「半分イタリアンですから!」と爆笑!

三品目は「カボチャのホクホク煮」。ミリンと黒糖で、最後に醤油でシンプル味付けだそう。

今年チャレンジしてみたい料理は?

の質問に、

「オムライスをしっかりマスターしたい」とのこと。
プレゼントされたスニーカー片方を履いたアンジー。

「今度のツアーで履くからね!」と観客に向かって告げる。


現在、ジム通いして筋トレとスクワットをしているそう。


d0128285_1418344.jpg

d0128285_14312537.jpg
トーク終了して控え室に戻るその足もとは…(爆)

自前&プレゼントのコンバースがハーフ状態!

30の目標はドラムデビューだそう。ツアーが楽しみだ。

アンジーはワシントン時代、ドラムを習っている。





■番組名 MUSIC ON! TV 『M-ON! Make On The Holiday』

■放送日 2006年9月15日(土曜日)公開生放送!
■放送時間 12:00~13:55 渋谷 Future cafe
■番組ゲスト アンジェラ・アキ、BAGDAD CAFE THE trench town
■司会 パックン



[PR]
by a20050309 | 2007-09-15 20:14 | ●アンジェラ2007